現場発砲ウレタンフォーム断熱材とは

現場発砲ウレタンフォーム断熱材の特徴

  • Point1:冬暖かく夏涼しい
  • Point2:地球にやさしい
  • Point3:健康で安全
  • Point4:家計にやさしい
  • Point5:結露に強い
  • Point6:中も外も静か
水を発泡剤として使用した低密度のウレタンフォーム。断熱材が柔軟であり、躯体の変化に追随。
気密性が長期に持続。内部ガスの置換がなく、断熱性が長期に持続。

優れた断熱性・気密性

複雑な構造の住宅も吹き付けて発泡させるから隙間なく施工できます。また自己接着能力によって強力に接着するので、長期間に亘って優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。

静かな住空間・吸音性能

硬質ウレタンフォームによる隙間のない施工で高い気密性を実現します。さらに隙間なく駆体に充填出来るため、隙間から入る外部の騒音や内側からの生活音の漏れを抑制します。また細かな気泡構造で音をスポンジ状のフォーム内に分散し、騒音や生活音の漏れを軽減し、より快適に暮らしていただけます。

長期安定で性能を発揮

住まいの大敵である壁体内結露を抑制する事により建物の耐久性を高め、優れた断熱性を維持させます。
硬質ウレタンフォームは隙間なく充填するため、住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制します。また、自己接着力を有する為、下がってしまう心配がありません。ウレタンフォームには紫外線によっての経年変化がありますが、内外装壁材によって紫外線は壁の内側には入り込めず、長期に亘って安定した性能を発揮します。

詳細はこちら フォームライトアクアフォーム